分譲マンションでの雨漏りについて

分譲マンションで室内で雨漏り箇所を見つけた場合は原因にもよりますが、個人の負担で雨漏り箇所の補修や、室内の天井や壁の復旧を行わなければならない可能性は低いです。

原因として考えられる箇所によって対応が異なりますが、最上階の天井から雨漏りが確認出来た場合は屋上の劣化が多く、屋上が管理組合の共有物であることよりマンションにて修理、室内の復旧を行います。



また、この際には室内復旧のためにマンションにて加入してる火災保険を使用する場合が多いです。
最上階以外の室内の天井から雨漏りが確認出来た場合は、給水管からの漏水、排水管からの漏水、階上の入居者の過失による場合が多いです。


この場合、管理組合の規約により異なりますが給水管、排水管の所有者は階上の入居者、または管理組合の所有となっていると考えられます。



したがって、いずれの場合でも自分で修理を行う必要がなく階上の入居者、管理組合にて修理、復旧を行います。
また、階上の入居者の過失による場合はもちろん階上の入居者にて室内の復旧を行ってもらう必要があります。

ベランダ側の窓の近くからの雨漏りが確認出来た場合には、ベランダのサッシ、または外壁からの漏水の可能性が高く、こちらもマンションの共有物となるために管理組合にて補修、復旧を行います。



いずれの場合にもあわてずに行動するのではなく、マンションが管理会社に委託している場合には管理会社に、そうでない場合には管理組合の理事長に相談するのがよいと思われます。