マンションで起こる雨漏りについて

思いもよらず、マンションで雨漏りが起こった場合どうすれば良いのでしょうか。



マンションで起こる雨漏りに雨漏りに対処するのは、一戸建ての方法と少し違います。
ここでは、雨漏りによって引き起こされるマンション特有のトラブルの元などを説明していきます。まず、天井から水が垂れてきた時は、それが雨漏りなのか、上の階の人が水を漏らしてしまってその結果に寄るものなのかを確認しましょう。



マンションは密閉された空間のようで実は、上の階の人の水が漏れ出してくるようなことは少なくないのです。もし雨によるものでなく、住民によって引き起こされているものだとしたら、被害を受けた方に保険がおりることが可能になることが多いです。

損害費用を心配する必要は無くなります。
ですが、これが本当に雨に寄るものだった場合は話が違ってきます。



雨による損害は保険が適用されず、損害を修復する費用は自己負担になることが多いのです。

もし最上階に住んでいて、屋上に損害があり雨が家の中に入ってきたという場合、屋上はマンションの共用部分になるので費用は管理組合が負担することになります。
ですが、単に天井から雨が垂れているという場合だと、天井は個人の所有物であるという扱いになるので個人負担になってしまうのです。

この点は共同住宅で引き起こされるトラブルとしては非常にデリケートなもので、管理組合と個人が双方納得するまで話し合いを行わなければならないでしょう。