マンションの老朽化による雨漏りは早めに補修する

一戸建て住宅に比べると、頑丈で長持ちする造りになっているマンションも、老朽化が進むと雨漏りが発生するので、それに気付いたら早めに補修しなければなりません。



マンションにおける雨漏りは、最初のうちは大したことがないように思えても、徐々に悪化していくので、そのままにしていると大変なことになるでしょう。

マンションの雨漏りがひどくなると、耐久性に問題が生じますし、外壁にヒビや亀裂が目立つので、小さい地震でも崩れてしまうのではないかと不安に感じ、入居者が出て行くようになります。


外観もみすぼらしくなっていくので、マンションの老朽化による雨漏りが発生したら、リフォーム業者に補修してもらうようにしましょう。



基本的にコンクリートの建物は丈夫に作られているので寿命が長く、施工や設計によほどの問題がなければ、築10年ほどはマンションの雨漏りは発生しないと考えられています。

そのためリフォーム業者に点検を依頼する場合は、10年を目安にすることをおすすめします。

点検の際に異常が見つかったら、その場で見積もりを依頼し、その内容に納得出来たら、契約するようにしてください。外壁塗装がはがれかけていたり、バルコニーにカビや藻のようなものが発生していると、水が漏れだすサインなので、これはおかしいと思ったら、早めに業者に点検してもらうことが大切です。


建物の異常が初期の段階なら、一部の補修だけで済むので、少ない費用で抑えられる可能性があります。